AssistiveTouchに3Dタッチアクションを追加する方法

iPhone 6s以降(ただしiPhone SEやXRは含まない)から3D Touch対応デバイスをお持ちの場合は、AssistiveTouchを使用して3D Touchマルチタスクジェスチャを追加できます。 だから、ズームするためにつまむのではなく、あなたは代わりにAssistiveTouchボタンを使用してタップでズームすることができます! ズームやその他のジェスチャーやアクションは、[AssistiveTouch]ボタンをタッチして3Dでアクセスできるショートカットになることがあります。 信頼性が高すぎないホームボタンがある場合や、便利さを利用したい場合は、これが理想的な選択肢です。

AssistiveTouchボタンは、基本的には画面上のホームボタンとして機能し、頻繁に使用されるiPhoneの機能にすばやくアクセスするための手段です。 これは、AssistiveTouchボタンとそのオプションがどのように見えるかの例です。

AssistiveTouch用の3D Touchマルチタスクジェスチャを設定するには、まずAssistiveTouchを有効にする必要があります。

  • 設定を開きます。

  • 一般をタップします。 次に[ユーザー補助]をタップします。

  • AssistiveTouchをタップします。

  • AssistiveTouchをオンに切り替えます。

  • 3D Touchをタップします。

  • リストから、3D Touchオプションとして有効にしたいジェスチャを選択します。

私は通知オプションを選択しました、そしてAssistiveTouchボタンを強制的にタップすることによって直ちに通知スクリーンを立ち上げることができます。

リストにあるものを試して、自分に最適なものを見つけてください。