iOS 10搭載のApple Mapsで有料道路を回避する方法

Apple MapsがついにGoogle Mapsに追いついています。 iOS 10では、設定を変更することでApple Mapsの通行料をより簡単に回避できます。 以前は、Apple Mapsで有料道路を避ける唯一の方法は、利用可能なルートを調べて、有料道路がないことを示すものを選択することでした。 または、料金を避けるためにGoogleマップを使用してください。 ただし、iOS 10以降では、変更された設定によって有料道路のないルートに自動的に誘導されるため、Apple Mapsの有料道路を避けることができます。 有料道路を選択することもできますが、Apple Mapsでは、有料道路を使用するルートを選択する前に、それらを回避することができます。 iPhone上のiOS 10搭載のApple Mapsで有料道路を回避する方法は次のとおりです。

アップルマップで有料道路をオフにする方法

  • 設定アプリを開きます。

  • 地図をタップします。

  • 運転とナビゲーションを選択します。

  • 通行料をオンにします。

この設定をオンにすると、Mapsは自動的に有料道路を提供します。 それがMapsでどのように見えるか見てみましょう:

  • 目的地を入力して[ルート]をタップします。

  • あなたはApple Mapsが有料道路なしでルートを取ることを仮定しているのを見ることができるので、強調表示されたApple Mapsがあなたに与えるルートはわずかに長いが、ルートの横にお金のサインがない。

  • 約30分短い別のルートがありますが、ルートの横に有料道路が含まれていることを示すドル記号があります。 あなたが時間を節約したいと思っていて、いくらかのお金を使うことを気にしないのであれば、あなたはまだ有料道路ルートをタップすることができます。

  • そうでなければ、あなたの有料道路なしのルートは行く準備ができています。 GOをタップして始めます。