13歳未満の子供用のApple IDを作成する方法(iOS 12用に更新)

ご両親は13歳未満のお子様用のApple IDを作成できることをご存知ですか? これにより、子供は、FaceTime、Game Center、iMessage、iCloud、およびiTunesへのアクセスを含む、iPhone上のApple Family Sharingプランの一部になることができます。 子供用のApple IDを作成することで、Ask to Buyを有効にすることもできます。これは、iTunes、iBooks、またはApp Storeから購入する前に承認を必要とするものです。 iPod touch、iPhone、iPadなど、さまざまなデバイスで家族のアカウントに子供を追加できます。 ファミリーシェアリング以外のApple IDの最低年齢は13歳です。つまり、お子様がファミリーシェアリング内に自分のiCloudアカウントを持つようにしたい場合、それらはファミリーシェアリンググループの一員になる必要があります。 幸いなことに、子供用にApple IDを設定するのは簡単です。 iPhoneやiPadを子供用に設定しようとしている場合は、親コントロールを有効にして、自分がデバイスにアクセスしてダウンロードできるものを管理できるようにすることも検討してください。 これはあなたの子供のためのApple IDを作成する方法です。

あなたの子供のApple ID:それに含まれるもの

子供用に作成したApple IDも、そのiTunesアカウントとiCloudアカウントになります。 Appleはこれまで、ユーザーが18歳未満の子供と自分のApple IDを共有することを推奨していました。しかし、子供が自分のiPadやiPhoneを持つことが一般的になるにつれて子供のためのApple ID ファミリーシェアリングには、アプリ、音楽、書籍をお子様と共有しながら他のユーザーを非表示にできるという追加のボーナスがあります。 たとえば、iPhone用のゲームアプリをApp Storeから購入したとします。 家族共有では、あなたの子供はあまりにもそれを支払うことなくそのアプリをダウンロードすることができます。 特定の購入品をFamily Sharingから隠すことに不安がある場合は、どうすればよいのかという私たちの記事が役に立ちます。

重要な注意 :13歳未満の子供のApple IDを作成するために、ファミリーオーガナイザー(成人)はクレジットカード、デビットカード、またはPayPalからのCVVコードを使用するように求められます。 CVVコードを入力することは、子供のApple IDに対する保護者の同意と見なされます。 Apple IDを使って子供を登録するには、カード情報を入力する必要がありますが、新しいApple IDアカウントが作成され次第、支払い方法を変更することができます。 お子様用のApple IDを作成する前に、クレジットカード、デビットカード、またはPayPalで支払い用に設定されていることを確認するには、デバイスで[設定]アプリを開きます。 上部にある自分の名前のバナーをタップしてから、iTunes&App Storeをタップします。 画面上部のApple ID(あなたのEメールアドレス/ユーザー名)をタップし、View Apple IDを選択します。 この画面にあなたのアカウント設定が表示されます。 クレジットカードまたはデビットカード、またはPayPal情報を表示するには、[支払い情報]を選択します。

子供用のApple IDを作成する方法

  • 設定を開きます。
  • 一番上のあなたの名前を選択してください。
  • 家族の共有を選択します。
  • [家族を追加]をタップします。
  • [子アカウントを作成]をタップします。

  • 子供のアカウントに関するAppleの声明を確認するように求められますので、[次へ]をタップします。
  • それからそれはあなたの子供の誕生日を頼みます。 誕生日を選択すると、保護者によるプライバシー保護方針を読み、同意するように求められます。

  • クレジットカード、デビットカード、またはPayPal(どちらがApple IDに割り当てられているかによって異なります)のCVVセキュリティコードを入力します。 次へをタップ
  • その後、あなたはあなたの子供の名前を入力し、iCloudのEメールアドレスを介して子供のためのApple IDを作成するように求められます。
  • パスワードを決めて下さい。 子供の安全に関する質問を選択して回答します(この情報をすべて安全な場所に保管してください)。

  • 子供にApp Store、iTunes、およびiBooksで物を買うよう依頼するかどうかを決定します。
  • 次に、お子様の居場所を他の家族と共有することができます。 あなたはいつでも答えて、後でそれを変えるために戻ってくることができます。
  • 利用規約に同意します。

おめでとうございます。 あなたは子供のためのApple IDを設定しました、そして、それは家族共有に一歩近づいています。 子供用のApple IDを作成すると、共有の目的でそれらが自動的にファミリーグループに追加されます。

お子様用のApple IDを作成したら、13歳になるまでファミリーアカウントから削除することはできません。ただし、別のファミリーシェアグループに移動することはできます。 そうでなければ、子供は家族の共有アカウントを離れるために13歳以上に成長する必要があります。