SiriにiPhoneであなたにテキストを読ませる方法

iPhoneのアクセシビリティ機能は、視覚障害のある方に役立ちます。 しかし、iPhoneやiPadを読んでもらうほうが便利な場合など、他の人にとっても便利です。 視覚障害がない限り、アクセシビリティパネルでVoiceOverを有効にしたくない場合があります。これは、現在設定されている設定画面を含め、すべて音声読み上げを開始するためです。 代わりに、VoiceOverを必要なときに有効にする機能を有効にする方法について説明します。 これがSiriにiPhoneであなたにテキストを読ませる方法です。

SiriにiPhoneであなたにテキストを読ませる方法

  • 設定を開きます。

  • 一般をタップします。

  • ユーザー補助を選択します。

  • VoiceOverをタップします。

  • VoiceOverをオンにします。

  • Okをタップ 画面をダブルタップして[OK]を選択します。

  • 必要に応じて話速を遅くします。

  • [ユーザー補助]というラベルの付いた[戻る]ボタンをタップします。 ダブルタップして選択します。

  • 3本の指を使ってページの一番下までスクロールします。 ユーザー補助のショートカットを選択します。 ダブルタップすると開きます。

  • ここでVoiceOverをタップします。 ダブルタップして選択します。

  • これで、ホームボタンを3回タップしてVoiceOverを簡単にオンまたはオフにすることができます。 複数のショートカットが有効になっていると、メニューがポップアップ表示されます。 VoiceOverを選択してください。 ダブルタップして選択を解除します。

これで、アクセシビリティショートカットからVoiceOverをオンにしたときにのみSiriがあなたにテキストを読むように設定しました。 試してみましょう。

  • 読みたい記事を開きます。 この例では、iPhoneのSafariブラウザ内でiPhone Lifeのものを使用します。

  • ホームボタンを3回タップします。 VoiceOverをタップします。

  • Siriに読んでもらうには、記事の各セクションをタップしてください。

  • 下にスクロールするには、3本の指を使ってスクロールします。

  • 完了したら、[ホーム]ボタンを3回タップします。 VoiceOverをタップします。 ダブルタップするとVoiceOverの選択が解除されます。 これで機能がオフになります。

トップ画像のクレジット:GongTo / Shutterstock.com