iPhoneでWebページをPDFとして保存する方法

iOS 9以降、iPhoneユーザーは、iOS 12ではApple Booksと呼ばれるようになり、WebサイトのコンテンツをiBooksアプリに保存することができました。 HTMLコンテンツをPDFに変換してiBooksに保存したら、それを印刷したり、電子メールで送ったり、さらにはAirDropしたりすることもできます。 WebページをPDFとして保存する方法を学び始めましょう。必要に応じていつでも参照できます。

PDFの品質を向上させるには、ページをリーダーモードから保存します。 そうすれば、保存しているWebページのすべての広告を処理する必要がなくなり、代わりに本当に必要なコンテンツだけを保存できます。

iPhoneでHTMLをPDFに変換するには:

  • Safariアプリを開きます。
  • 広告なしで保存したい場合は、保存したいWebページに移動して[Reader View]をタップします。

  • ディスプレイ下部の[共有]アイコンをタップします。
  • [PDFを本に保存]が見つかるまで、共有オプションをスクロールします。 このオプションが表示されていない場合は、[その他]をタップして可能性を確認します。 そうでなければ、あなたが共有しようとしている特定のコンテンツはPDFとして保存することができません。 それ以外の場合は、[PDFを本に保存]をタップします。 ファイルが準備され、iBooksはあなたの新しいPDFを開きます。

  • 共有アイコンをタップして、PDFをEメール、印刷、またはAirDropします。

トップ画像クレジット:Georgejmclittle / Shutterstock.com